About

vinod poyilath“Even a seed has within it, the possibility of a future forest”

This was a line that moved me immensely during a period of self-doubt. It made me realize the dormant powers within every single living thing.. the possibilities within our beings that we call “I” every day.

I don’t know who said those words, but I’m eternally grateful to the person.

I am Vinod Poyilath, and I’m learning a lot from this journey of life. This is a place for me to share what I learn, so that it might be of use to you too, in your journey.

And it is a place for you to share what you have learned too, for in sharing, we can all move ahead together, to realize all what we are born here for.

The beginning

This blog was started a few years back, by Ani Alexander, a gem of a person, who has gone on to become a Best Selling Author, a podcaster and much more. As you might notice, most of the posts on this blog were written by her and they are so full of thought provoking ideas.

I was once just a reader of this blog, and then over time found a good friend in her. As Ani became more involved in her literary career, and didn’t want to let this blog which had become so much a part of her die out, she was pretty much delighted when I offered to take up the reigns to continue from where she had stopped.

This blog is yours too. I intend it to be a chain of conversations on life, and all the numerous probable ways of leading it to ultimately be happy in the truest sense of the word.

Let’s talk. :)

– Vinod.

P.S.  I am also an independent consultant for small businesses and also run the BusinessInMyHead blog, for all those who love being their own boss and living the entrepreneurial lifestyle.

8 Responses

  1. Terry says:

    Ani,

    Never mind I got your confirmation email.

    Terry

  2. SunBox says:

    Wow, I am seeing myself in you! I have also realized I must pursue my passion , which is writing, when I reached 30 last year. I am inspired by you. Keep on doing what you are doing to inspire others who want to be writers.

  3. TIMEX(タイメックス)のブランドの担当者は「“時刻行く」ブランドの精神をリードしたTIMEX(タイメックス)150年以上を越えて、これは1種の永遠に時代遅れの精神であり、すべての若者と内心依然として若い人々のあがめ尊ぶ精神で、それは私たちを助けるために創造した一本のまた1項アメリカ大統領から街頭に若い人はすべての製品を共同好き。ブランドコピー時計今私達のこの精神をはっきりと現れ、そして今回のロードショー中国の広大な消費者に伝えてほしいと同じ勇往邁進の信念と追求を演じて、時、すばらしい人生を! http://www.eevance.com/News/02a44259755d38e6.html

  4. これは一種の海馬シリーズの腕時計、そのデザインセンスはさかのぼって1956年オメガの「海馬16」記念表項(Seamaster XVI)。ブランドコピー1956年にメルボルンで行われた第16回オリンピック大会を記念としオメガ1957年オリンピックの指定カウントダウンの25週年で、オメガ特別の発表した「海馬16」記念表項。 http://www.newkakaku.com/boq1.htm

  5. 上記のリンクで、あなたはiwc iwcのポルトガル年間カレンダーsihh 2015年頃デビューしたとき、私たちの最初のレポートを読むことができます。その後まもなく、我々はポルトガル語の「家族は本当に唯一の新しいバージョンであったことを経験することができました。我々は、まだわからないことは、文字通りの名前」をそれぞれのポルトガル語ポルトガル語iwcの腕時計への良い考えであったと確信します。バレンシアガバッグスーパーコピー」という名前かもしれない後者より歴史的に正確な」ブランドの歴史が我々のポルトガルの「ちょうど欠けないクラスと多くのロールを正確に舌」と言っているのは、英語を話す人に。なぜ、あなたはそのように何かのブランドの旗艦のドレスウォッチコレクションを増したい(ないとは思いませんが、私たちは、ポルトフィーノの彼らの旗艦のドレスウォッチですか? http://www.brandiwc.com/brand-super-18-copy-0.html

  6. ガガミラノスーパーコピー これは2015年のゴールドバージョンの「最初のオメガでスペースを「オメガスピードマスタームーンウォッチの数えられた版ではありませんが本当に最初のそのタイプ。それは、オメガスピードマスタームーンウォッチの数えられた版を参照年に出ましたが、私は思っています。このハンサムなのですが、まだ作られていると私は思っていませんが短命な時計は、私の意見では、設計研究オメガスピードマスター」をリリースした57の軸クロノグラフの前にあった(ここではレビュー)。オメガの面白い何をしましたが、実際には。最も顕著な要素「スタイルのダイヤルムーンウォッチにマッチした初期の「スピードマスター手です、しかし、より詳細な検査は、本当に一部のコレクターがエキサイトしなければ面白いの資質の数を明らかにします。それらの性質の各実施の上のこの18 kのセドナゴールドバージョンへの衝撃的なダイヤルとありました。 http://www.gowatchs.com/brand-200.html

  7. 大人気を海外激安通販専門店ロレックス、ブルガリ、フランク ミュラー、シャネル、カルティエ、オメガ、IWC、ルイヴィトン、オーデマ ピゲ、ブライトリング、グッチ、エルメス、パネライ、パテックフィリップ偽物(コピー商品)のブランドの腕時計の販売、通販。ブランドコピー激安、ブランドコピー時計、ブランドコピー品当店のスーパーコピー商品は他店よりも質が高く、金額も安くなっております。ご購入する度、ご安心とご満足の届けることを旨にしております http://www.wtobrand.com/gc3.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *